「ギャラ飲みとキャバクラってどっちがいいの?」


ギャラ飲みが気になっている方は、こんな風に思っているもしれません。


今まで“男性とお酒を飲んでお金を稼ぐ仕事“として主流だったのは、キャバクラなどのナイトワーク
そんななか最近では、『ギャラ飲み』が定番になってきています。


ギャラ飲みとは一般的な飲食店で男性と食事やお酒を楽しんで、ギャランティ(報酬)を受け取れる飲み会
20~30代の大学生やОL、モデルなど幅広い職種の女性の中で大流行しているんです。


どちらも男性をもてなして報酬をもらうお仕事
「同じような仕事だし、どっちも一緒だよね」と思っている方もいるかもしれません。


ですがギャラ飲みの方が、キャバクラよりも好条件で働けるんです


ギャラ飲みはいま話題性が高く、キャバクラに来ていた富裕層の男性がギャラ飲みに流れています
そのため女の子の需要が高く、お給料など様々な条件がキャバクラよりも◎


実際に、キャバクラからギャラ飲みに転職する女の子も続出しているんですよ


今回は、

  • ギャラ飲みとキャバクラの違いは?
     (雰囲気、安全性、お酒の量、報酬、シフト、男性の層、男性の用途、特徴)
  • メリットデメリットは?
  • どんなひとにオススメ?

など、ギャラ飲みとキャバクラの違いを比較しながら、ギャラ飲みがオススメな理由をお話しします


ギャラ飲みとキャバクラ、どちらにしようか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね

ギャラ飲みとキャバクラの違いは?

ギャラ飲みとキャバクラの違いについて、比較しながら詳しく説明しますね。

 ギャラ飲みキャバクラ
雰囲気ワイワイ&しっとりワイワイ&しっとり
安全性
お酒の量多い普通
最低時給(東京)4000円2000円
必要経費なしあり
シフト出勤ノルマなし出勤ノルマあり
男性の層30~50代 経営者&役員20~50代 幅広い職種
男性の用途会食メイン恋愛目的多い
特徴流れてきた案件に応募するだけ
お客さんと連絡を取る必要なし
セクハラなどのトラブルが起こている
常にスタッフがいるので、安全に働ける
売り上げを毎月つくらないといけない
売り上げのためにお客さんと毎日連絡を取ったり、休みの日も時間を使う

ギャラ飲みとキャバクラを比較した表がこちらです。


キャバクラは一般的に店舗の中でドレスを着て男性の隣に座り、一緒にお酒を飲んで接客するスタイル
ギャラ飲みはtwitterやギャラ飲み専用のアプリを通し、女性は男性から指定された場所で、私服のまま一緒にお酒を飲みます


表からもわかる通り、ギャラ飲みがキャバクラより特に条件が良いのが『お給料』


ギャラ飲みの最低時給は4000円と、キャバクラの倍の金額なんです
さらに時給に加え、指名料や深夜手当がつくことも


ギャラ飲みのでは、引かれるものはないので『時給×働いた時間+手当』がそのまま受け取れるんです


キャバクラの場合お給料から引かれる経費が多く、時給換算するとギャラ飲みよりも下がることがほとんど。


東京のキャバクラの平均時給は、3500円
時給に加えてお客様を呼んで売り上げを上げれば、その分『バック』と呼ばれる手当がプラスαでもらえます


ですがキャバクラは、そこから『源泉徴収』と言われるものが総支給額の約10%引かれるんです…。


つまり、『時給×働いた時間+手当』がそのまま受け取れるわけではありません


さらに注意が必要なのは、お客様を呼んで売り上げを作れなかったり、出勤日数が少ない場合、ペナルティとして時給が下がってしまいます


東京のキャバクラの場合、最低時給の2000円まで下がることも


そのためキャバクラで働く女の子は、本業があってもお客様をお店に呼ぶために、休みの日も毎日お客様と連絡したり、お客様が急に来ることになれば出勤しなくてはいけません


キャバクラで働く女の子は、「プライベートとお仕事がわけられない」という子も多いようです…


次に、ギャラ飲みとキャバクラの『安全性』についてお話しします。


安全性が優位なのは、キャバクラ


お店ではスタッフやボーイさんが、トラブルが起きないように常にお客さんや女の子の様子を伺っていいます


なのでお客さんに触られたり無理やり飲まされていると、すぐにスタッフが助けてくれますよ
お店によっては迷惑行為が何度も見られるお客さんを、出入り禁止にしている場合も


キャバクラでは、危険な目に合うことはほとんどありません


一方ギャラ飲みは、男性から指定された飲食店に出向くため、常にスタッフが見守っているキャバクラよりも安全面が弱いです


「トラブルに巻き込まれそう…」
「本当に安全なの?」



と思う方もいると思います。


たしかにギャラ飲みでは実際にトラブルが起きています
ですがトラブルが起きているのは、twitterなどの個人主催の飲み会が中心


個人主催のものだと運営側や参加男性の素性も分からず、危険な目にあったという声も少なくないんです


ギャラ飲み専用のアプリの場合、そういったトラブルはほとんど起きていません
むしろ女の子が安全に働くための万全なサポートが揃っているんですよ


たとえば大手ギャラ飲みアプリ『pato』の場合24時間365日、常に20名以上のスタッフが常駐しているので、困ったことがあればいつでも相談できます


また合流前に男性の身分確認が必須のため、怪しい男性が来ることはないのでむしろキャバクラよりも安全なんです


なのでギャラ飲みをはじめるときは、アプリを使うのがオススメ


アプリを使えば、安全に働けますよ


patoの口コミ&詳細はこちらからみられるので、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

ギャラ飲みとキャバクラのメリット&デメリットは?

お酒
ギャラ飲みとキャバクラのメリット&デメリットをそれぞれお話ししますね。

    キャバクラのメリット

  • 接客スキルやマナーが身につく
  • お客さんが来なくても収入が◎無給はない
  • ドレスやヘアメで変身♡キラキラした非日常を楽しめる
  • 常にボーイさんが女の子をサポート!すぐに助けてくれる
  • 仕事として安定◎案件の有無に左右されない
    キャバクラのデメリット

  • 売り上げ&出勤ノルマあり 常にお客様と連絡を取らなければならない
  • 最低時給が低い…ノルマを達成しないと減給
  • 恋愛目的が多い!口説かれる
  • 決まった時間に帰れない…朝までコースも
  • 休みの日やお仕事後もお客様と会うこともある

キャバクラは、接客していない待機の時間でも時給がつくのが魅力です


キャバクラを利用する男性は、居酒屋に行った流れでキャバクラに立ち寄ることがほとんど
なのでいつ男性がお店に来てもいいように、お店は女の子にお給料を払ってでも女の子に待機してもらいます


「お客さんが来なかったからタダ働きだった…」ということはありませんし、来客予定がなくても希望すれば、安定して週5.6で働くことも出来ますよ


その反面、キャバクラの最大のデメリットはノルマやペナルティ


ノルマやペナルティは収入に大きく響くので、少しでも収入を増やしたいとなると休みの日や仕事終わりのプライベートな時間まで、お客さんに費やさなければなりません


またお客さんが帰らない限り、女の子も帰れないので「結局朝の5時までになっちゃった…」なんてことも。


「プライベートと仕事を分けたい!」
「本業もあるから決まった時間に帰りたい」


という方はギャラ飲みの方がオススメですよ♪

    ギャラ飲みのメリット

  • 売り上げノルマやペナルティがない!気軽に働ける
  • 私服で◎プライベートの飲み会や合コンに参加する感覚♪
  • シフトなし 空いた時間にサクッと働ける
  • 最低時給が4000円!未経験でも短時間で効率よく稼げる
  • お客さんと常に連絡を取らなくてOK!プライベートと仕事を分けられる
    ギャラ飲みのデメリット

  • 男性の質が約束されていない!素性がわからない男性がいる可能性あり
  • 自分の身は自分で守らないといけない
  • 案件がなければ時給が発生しない…収入が安定しにくい
  • お酒が飲めない子は△お酒が飲めないと参加できない場合も
  • 給料未払いなどのトラブルあり

ギャラ飲みは、プライベート感覚でお金を稼げるのが魅力
私服で参加でき、案件さえれば空いた時間でお仕事ができるので、


「今日の夜の予定無くなったから参加しようかな」
「今夜、ギャラ飲みに参加したいなあ」


こんな風にいつでも気軽に参加できますよ。


ギャラ飲みの一番のデメリットは、安全性が保障されていないところ
デメリットを見ると、怖いと感じている方もいらっしゃるかもしれません


そんな方にオススメなのがギャラ飲み専用アプリ、「pato」を利用して参加する方法


patoは業界最大手のギャラ飲みアプリです。


先ほどもお話しした通り、patoでは24時間365日女の子をサポート
ほとんどのアプリ会社が1~3名しかスタッフが常駐しないなか、patoは20名以上常駐しています。


入金確認も複数名で行われるので給料未払いや入金ミスの心配はありませんし、トラブルがあった場合はいつでもスタッフに相談可能


また男性はFacebookのログインや、クレジットカードの登録が必要なので運営側が素性を把握しており、常に男性の質が高いです


男性女性どちらにも、安心して楽しんでもらうためのサービスを徹底していますよ


patoはフランチャイズに力を入れており、東京以外にも、大阪・名古屋など14地域でギャラ飲みを開催しています。


全国的に知名度も高く、男性の登録者数もNo1なので常に案件がたくさん◎


ここを読んでいる方の中には、


「そもそもお酒飲めないんだよね…」


という方もいると思います。


そんな方は、patoの『コパト』というサービスがオススメ


コパトは気になった男性と1対1会えるので、お酒でムリに盛り上げる必要もありません
さらに男性と事前にメッセージができるので「お酒飲めないけど、大丈夫ですか?」と確認しておけば、安心して参加できちゃいます


ちなみにpatoは当サイトの人気ギャラ飲みランキングでも登録者No1なんですよ。


ギャラ飲みをはじめてみたい方は、まずはpatoに登録してみてくださいね


興味のある方はこちらから口コミや詳細が見られるので、ぜひチェックしてみてください。

ギャラ飲み&キャバクラに向いている人は?

女の子

    キャバクラに向いている人

  • ドレスやへアメをしてキラキラ輝きたい
  • お店のスタッフに見守られながら働きたい
  • 競争意識が強い

お店という空間の中で、


「輝きたい!周りと競い合ってNo1になりたい!」
「スタッフさんやボーイさんの目に触れ、とにかく安心して働きたい」



という人はキャバクラにピッタリです◎

    ギャラ飲みに向いている人

  • 短時間で効率よく稼ぎたい
  • 自由に気軽に働きたい
  • プライベートと仕事をしっかり分けたい
  • 空いた時間を有効活用したい

ギャラ飲みは自由度が高く効率よく稼げるため、こんな人に向いています。


初めて会う男性と外でお食事をしたり飲んだりするのに抵抗のない方は、キャバクラよりもギャラ飲みがオススメ


キャバクラよりも効率よく稼げますし、融通も効きます
ノルマやペナルティもないので、ストレスフリーで働けますよ

ギャラ飲みがキャバクラか迷っているあなたへ…

今回はギャラ飲みとキャバクラの違いを、比較しながらお話ししました。


ギャラ飲みとキャバクラは両方とも魅力があって、「どちらのほうがいいのかな…」と迷ってしまいますよね。


ですが今回の記事の通り、ギャラ飲みはキャバクラよりもメリットがたくさんあります
とくにギャラ飲みは私服で気軽に参加出来たり、好きな時に働けるなどキャャバクラよりもはじめやすいです。


ギャラ飲みをはじめるならば、まずは『pato』がオススメ


案件数や登録者数、サポート内容などすべてにおいて好条件で、初心者でもすぐに稼げる環境が揃っていますよ


興味のある方はぜひpatoに登録してみてくださいね。

ライタープロフィール

かずなちゃん
かずなちゃん
ギャラ飲み大好き女子です。
おススメのギャラ飲みサイトは?地方ではギャラ飲みできる?
こんな、ギャラ飲みに関する、様々な疑問を解決します♪
ギャラ飲みに興味がある方は、ぜひ私の記事を参考にしてくださいね。